猫背を解消する会 » 腰椎分離すべり症について

腰椎分離すべり症について

腰椎分離すべり症は腰椎にある椎弓のうちもっとも細い部分が分離してしまう症状です。すべりというのは正常な状態であれば問題なく繋がっているはずの腰椎の部分の一部がずれてしまい、すべったようになることからその名前が付けられています。



すれることで近辺の神経が圧迫されることも多く、痛みを生じます。このすべり症の元になる腰椎分離症の原因はスポーツなどの激しい運動をすることによって、子供にも症状が見られますが、発育期でまだ完全な状態ではない骨に負担をかけすぎるために起こります。

また、そのまま安静にしていれば治るケースも多いようですが、出来るだけ早めに気付くことが必要です。そのまま成長することでずれたままになることがあり、そうなると成人をしてからも骨がずれている状態のまま、なかなか治療することも難しくなります。

激しいスポーツをしたからといって、すべり症にならない子供ももちろんいますので、やはり体質の違いによってもあるなしが分かれてきます。

すべり症になった方の全てが痛みを感じるわけではありません。すべり症の方の中には体の外見の異常も特に見られず、そのまま痛みも無い、という方もいらっしゃいます。

ですが、急に体の動きに変化をつけたり、激しい労働などをすることによってやはり急にすべり症の症状が出てしまうという方も多いでしょう。

痛みがある場合は特に腰痛は同じように症状として現れます。立ったまま作業をしたり、体を一定の状態に保つことが難しく、そのようなことを繰り返せば繰り返すほど、痛みが強くなる結果となってしまいます。

すべり症になってしまった腰椎を元の状態に戻すために、コルセットを用いますが、その他にも鎮痛剤やブロック注射療法を用いて痛みを軽減し、自然な治癒力を期待します。

すべってしまった患部の周囲の筋肉は特に弱くなりますので、水泳などをリハビリとして取り入れる方法がかなり効果的であると言われています。陸地よりも腹筋や腰の筋肉を鍛える効果がかなり高いようです。

腰椎分離すべり症は治せます!諦めないでください!