猫背を解消する会 » 接骨院と整骨院の違い

接骨院と整骨院の違い

例えば、捻挫したり、腰痛を患っていたりした場合、専門家に助けを求めるかと思います。その専門家がいる場所として、真っ先にイメージするのは、接骨院や整骨院という名前なのではないでしょうか。

しかし、その二つの名前を並べてみたとき、接骨院はなんとなく「骨をくっつけるイメージ」、整骨院は「骨を整えるイメージ」、というように感じるのではないでしょうか。

少々強引な例えでしたが、要するに、これら2つの院に、どのような違いがあるのか、ということです。先に述べたイメージ通りに行くのであれば、骨を折ってしまった場合には接骨院、捻挫や腰痛には整骨院、ということになるでしょうか。

結論から述べますと、実はこの2つにほとんど違いはありません。行われている処置や、患者の受け入れ範囲もなんら違いはないのです。

というのも、実はこれらの名称自体、正式なものではなく、いわゆる俗称であって、法律に基づく正式名称ではありません。法律に基づく正式名称は「柔道整復師施術所」です。

しかし、ネット等で検索をかけてみると、「柔道整復師施術所」よりも「接骨院」など表記の方が目につきます。なぜ、正式名称を使わないのでしょうか。

これは、施術所の名称に関して、「柔道整復師法」と呼ばれる法律で、広告の規制を受けているためです。この規制に対応するために、「接骨院」などという俗称が使用されているのです。そのため、「接骨院」と「整骨院」の名称は、行われている処置や患者の受け入れ範囲の違いによるものではないのです。

ほぼ同じ治療が行われています。ただ、を運営している柔道整復師の治療の方針や考え方によっては接骨院とそれ以外で、施術の方法が多少異なっている可能性はありますので、100パーセント全く同じ処置が行われているというわけではありません。