猫背を解消する会 » 禁煙志向について

禁煙志向について

喫煙は健康に悪い、このことは多くの喫煙者が知っている事実です。しかし、それでも禁煙できない、という方がほとんどで、少ない公共の喫煙スペースを常に探して、人目を避けるように吸っているにもかかわらず、どうしてもやめられないのです。

しかし喫煙が健康に悪いのは確かで、肺がんを始め、食道ガン、胃ガンや大腸ガンなど、様々なガンの発生を推進してしまっていると言えます。アルコールが好きな方はアルコール依存症と言われるように、タバコがやめられない方はニコチン依存症であると言えます。

ニコチンは薬物の一種で、依存性がとても高く、頭に煙を吸い込むことで起こる飽和したような感じなど、生理的な現象でまた吸いたくなるものです。このため、健康に悪いとわかっていても止められないのです。意思でも理性でもなかなかふんぎりがつかず、または仕事がもうちょっと軽減してくれば、などと言い訳を言ってしまうのが常です。

今では健康のため、様々な禁煙対策があるのも事実です。まず色々な禁煙対策用の薬があります。薬局などでも気軽に相談できますので、どの程度の依存症なのかを判断してもらって、最も効果の高い方法を提示してもらうのも1つの方法です。その他には病院で相談する方法もあります。

病院でももちろん禁煙の大切さを医学的に説くというばかりではなく、本格的な禁煙治療を施すところも多くなっています。

電子タバコをご存知の方は多いと思いますが、電子タバコはニコチンが含まれていませんが、口元に何か咥える癖がある場合にとても有効です。一定周期でくわえていないと、どうしても我慢できない、という場合、タバコの量は減らせる可能性が大きいと言えます。

手元もなんとなく寂しい、という方も多いようですので、タバコとほぼ同じような動作を維持できる効果があります。煙も出ます、残るは火だけですが、こればかりはどうしようもありません。

火がついたように赤くなるものもありますが、火をつける時のある程度のスリルのようなものがいい、という場合は他の方法を探すことが必要だと思います。