猫背を解消する会 » 整形外科で行なわれる神経ブロック注射

整形外科で行なわれる神経ブロック注射

人は頭痛や腹痛、腰痛など様々な痛みに悩まされてきました。この痛みは時には健康で快適な日々の生活を脅かすような深刻な時もあって、その治療が考えられてきています。

整形外科では痛みを抱えている患者を多く診察するため、除痛治療が求められる診療科として有名です。整形外科での治療の方法に神経ブロック注射があります。神経ブロック注射は主に形成外科疾患から発生している痛みを対象として行なわれています。

では、神経ブロック注射とはどのようなことを指す言葉なのでしょうか。人は神経の作用によって痛みが生じたと感じることができます。この神経は体の全体に張り巡らされていて、末梢神経から中枢神経へといったように痛みが伝わっていく経路ができているのです。

神経ブロック注射は疼痛伝道経路という経路に、主に麻酔薬を注入することによって、局所的に痛みの流れを遮断してしまおうとすることなのです。

神経ブロック注射で実際に使用される薬剤は局所麻酔剤や他にも、副賢皮質ホルモンなどを混合して、その濃度や分量といったものは患者さんの状態に適しているものはどのようなものなのかということをしっかりと考えられ選択されています。

そして、この神経ブロック注射の持つ最大にして大切な作用は痛みが生み出す悪い循環を遮断してしまうことにあるのです。生体について言うと、体のどこかに痛みが加わるとそれが刺激となって交感神経中枢が興奮し、その結果末梢血管が収縮してしまいます。

すると局所は低酸素の状態となってしまい発痛物質が生み出されます。このような発痛物質が別の痛みとなって神経を刺激して悪循環を引き起こしているのです。

ですので、原因となる疼痛刺激を取り除いたとしてもこの痛みの悪循環は継続してしまうのです。神経ブロック注射というものは、この痛みが引き起こす悪循環を遮断して、疼痛を一時的もしくは永続的に除去して、異常な状態を改善していくことに期待されています。