猫背を解消する会 » 腰痛体操とマッケンジー法

腰痛体操とマッケンジー法

腰痛に効果のある体操は様々ですが、その中でも有名なものが、マッケンジー法と呼ばれる腰痛体操です。

簡単に言ってしまえば、従来は腰痛には逆効果であると言われていた腰の部位を反らせる動作をふんだんに取り入れた方法、と言うことができます。

もちろん反ることで痛みが激しくなる、というまでに反るのではなく、負担がかからない程度に反ることで腰痛の改善を目指す方法ですが、日本ではとくに腰痛に対して反る姿勢は禁忌として長い間扱われてきたこともあり、初めは驚かれる方も多かったようです。

このマッケンジー法はニュージーランドの理学療法士であるロビンAマッケンジーさんが考案した方法です。急性の腰痛、または慢性の腰痛の改善に優れた効果があり、効果が出る確率も高いようです。

具体的には、固めの布団やマットレスなどにうつ伏せの状態になって、両手をついて上体を起こす、または腕の力を使って反復伸展運動を行う、などです。

このマッケンジー法は新しい方法です。日本では特になじみは薄いといえます。そのため、自分で始めてみるよりも、医師に相談したり、マッケンジー法を導入している病院に相談するのがよいと思われます。

欧米では日本よりもかなり多くの腰痛持ちの方々が実践し、改善しているようですが、特に腰椎にヘルニアのある場合の大きな効果を表しているようです。マッケンジー法は手軽に試行することができます。

また、辛いような姿勢を途中でとらなければならない、ということもありません。特に背中の筋肉に自覚的な変化が出現することが多くなりますので、変化が無いという場合よりもやりやすいという方は多いようです。

腰を反らせることがよくない、というのは、昔の症例をチェックし、その結果を積み上げてきたことによる結論です。つまり多くの方が反らせることで症状が悪化したわけですが、体操法として説明されていたわけではなく、より正しい方法としてこのマッケンジー法が発見されたということになります。