猫背を解消する会 » 腰痛とヘルニアについて

腰痛とヘルニアについて

ヘルニアは頚や腰、腸など、人間の様々な部位に出現する病気です。またその中でも多いのは、腰痛でのヘルニア、腰椎椎間板ヘルニアと呼ばれる病気です。

腰痛にくる場合で多いのは、背骨に起こるものです。背骨の腰の部位にある骨を腰椎を呼びます。この腰椎は5つが連なって構成されていますが、これらの間には椎間板と呼ばれるやわらかい骨が存在しています。

そしてこの椎間板が上下の骨である腰椎から圧迫を受けることで、つぶれたようになってきて、中身の髄核と呼ばれるとても柔らかい骨が外に飛び出し、腰痛を引き起こしてしまいます。

この飛び出した部位がヘルニアと呼ばれ、元あった神経などに触れ、それを圧迫して腰痛状態になります。そして腰痛だけではなく、足などにも神経の圧迫による症状が出現することが常です。

この上下の骨による圧迫の原因は、明らかではありませんが、腰痛の誘因として考えられることは多くあります。例えば肥満です。無理な体重が常に腰にかかることによって、骨が悲鳴を上げてしまい、最後にはこの椎間板に傷がついてしまう結果になります。

他には腰部の筋肉の衰えが考えられます。腹筋や背筋が弱ると、その部位にある背骨を充分にサポートできなくなり、背骨は背骨だけの力で体重やバランスを支えようとしてしまい、当然無理が続くことになってしまいます。

このような病状でとても痛いといわれるのが、坐骨神経痛です。坐骨神経痛とは病名ではなく、一般にヘルニアに顕著な症状として呼ばれる名前です。

特に太股の裏側から足の先までにかけての坐骨神経に沿った足の部位が痛んだり、しびれたりしますが、急性期ではかなり激しい痛みが起こる場合がほとんどです。

針で突き刺されたような痛み、多少の物音を聞いただけでも悲鳴を上げてしまいそうに痛む、などと言われる方も多くいらっしゃいます。

治療の基本は保存療法ですが、長い時間がかかる場合がほとんどで腰痛などの痛みを我慢することに疲れてしまい、手術を検討するという方も多いようです。