猫背を解消する会 » リノベーション工事中の仮住まいについて

リノベーション工事中の仮住まいについて

リノベーションは一度、スケルトン状態にしてから工事をする必要があるために、リフォームと違い、住みながら工事をすることが出来ません。また、工期がかかることが多く、仮住まいが必要となります。

その辺りもきちんと考えた上で、計画を立てていく必要があるかと思います。また、工事契約書の工期の欄も確認し、工事完成後の引渡し日については明確にしておくと後でもめるといったことはないでしょう。

リノベーション業者によっては、先ほど書いたように、仮住まいの斡旋を行っている場合があり、日程をどのようにしていくのか、段取りも手際よくやっているはずです。

例えば、不動産会社とタイアップしている業者では、ネットワークを生かしてエリア内で幅広い物件を用意して、普段と変わりなく生活できるような態勢を整えています。

あなたは、リノベーションの完成を安心して待つことができます。このような業者のサービスで最もいいのは、仮住まい物件については、日割り計算で家賃を決めることができる場合があるからです。

工事期間に合せてご利用いただくことで、無駄な費用が発生しません。そして、敷金・礼金・仲介手数料もかからない場合が多く、このようなサービスを利用しない手はありません。