猫背を解消する会 » 骨すべり症

骨すべり症

骨すべり症は中高年の方におおい病気です。脊椎すべり症、あるいは腰の部位に起こった場合は腰椎すべり症と呼ばれます。

自然に痛みが治まってしまう軽めのすべり症から、生活になんらかの支障をきたすような治療が必要なケース、また痛みなどが重度の手術が必要なケースに至る場合もあります。

まっすぐにつながっているはずの脊椎が不安定な繋がり方になり、ずれた、あるいはすべったような状態になることからすべり症と呼ばれていますが、このようにすべったままの場合、脊柱管という神経が圧迫されたり、刺激を受けることによって痛みが生じてきます。

すべり症は分離症から発展する分離すべり症、そしてその他の何らかの原因で起こる変性すべり症である場合もあります。

激痛がある、などの場合を除いては、理学療法や、生活改善指導を試されます。理学療法はコルセットの装着や湿布剤、運動療法などで、痛みを軽減させながら何らかの改善を期待します。

そしてこれらの効果が無いという場合には薬物治療、または神経ブロック注射による治療も行われます。薬物療法は主に消炎鎮痛剤などの薬物を使います。また神経ブロックをする場合には局所麻酔薬を痛みのある神経に直接注射をします。

詳しく知りたいという方は整形外科やペインクリニックでチェックするべきでしょう。そして最終手段として選択されるのはやはり外科的療法、つまり手術です。

下肢まで麻痺してしびれたり、痛んだりという場合にはほとんど手術に至るでしょう。入院の期間そして費用などもかなり違ってきますので、この時は色々なことが大変になってしまいます。よくプランを立てて望むことが必要です。手術は脊椎固定術というものになります。

自分の骨や人口の骨を移植することで固定をしたり、場合によってはインストルメントと呼ばれる道具で固定することになるでしょう。また固定の場合には体への負担が大きいですので、自分の症状では術後どの程度の負担になるのかをチェックしておくことは必須でしょう。