猫背を解消する会 » 目の健康を守るためにできること

目の健康を守るためにできること

突然ですがあなたはは目を大切にしていますか?目は人間が外部から得る情報のおよそ80%を取得するために必要な大切な器官です。

最近はパソコンを使った仕事が非常に増加し、子どももテレビゲームなどで長時間目を酷使したりと、目に負担を強いることが多くなっています。

そんな生活が続くと目はどんどん疲れていき最終的には目の病気を引き起こしてしまいます。そうならないためにも目の健康を守っていきましょう。

目に悪影響を与える要素としてよく挙げられるのが目を酷使させることです。テレビ画面やパソコンのモニターの強い光を見続けることで目に常時強い刺激を与え続け、さらに画面が近ければ近いほど目の筋肉を緊張させなければならなくなり、それが原因で疲れ目を引き起こしてしまいます。

その他にも瞬きの回数が少なくなるためドライアイを引き起こしたりするなど目に多くの悪影響を与えます。少しでも目を休ませるためにもこまめに目を休ませたりモニターを暗くしておくなどの対策を講じておきましょう。

その他の要素として紫外線やタバコなどの刺激物、体内の活性酸素などが目を悪くする原因として挙げられます。これらを回避するためには海岸や雪山など日差しが強い箇所では目を保護するためにサングラスやゴーグルなどを装着しましょう。

また禁煙をして、刺激物を取る環境をなくしたり、抗酸化作用の高い新鮮な野菜や果物を食したりサプリメントを取るなど食事に気を使ったりと生活態度を改善させることで目に与える悪影響を最小限に留めることが可能です。

人間の目はそう簡単に替えがきかない重要な器官のひとつです。日頃のケアを怠っていると将来眼病を患ってしまう可能性が大きく増大してしまうので、目が疲れたと感じたら暖めたり遠くの景色を眺めて眼の筋肉を休ませたり、眼精疲労に効果的な食材を使った料理を食べるなど毎日気を使って目を守って生活していきましょう。