猫背を解消する会 » 脊柱管狭窄症の治療法

脊柱管狭窄症の治療法

脊柱管狭窄症の治療法には様々なものがあります。間欠跛行などが時々起こりますが、それ以外には特に痛みも無い、という方は薬などで改善させることが出来るでしょう。

また、外科医にかかることが得意ではない、というような方もいらっしゃるようですが、そういった方も鍼灸院などに通われて治療を受けることが良いでしょう。

一般には、大学病院などでの専門のペインクリニックがもっとも利用されているようです。薬や注射といった方法で治療することによって、ある程度は脊柱管狭窄症の症状を抑えたり、痛みの間隔を長くしたりすることができます。

しかし、脊柱管狭窄症が改善されない、という方や、または痛みがひどくて耐え切れない、という方はやはり手術に踏み切る方も多いようです。

脊柱管狭窄症の手術は基本的に、脊柱管を広げるという目的に沿って実施されますが、神経の圧迫の度合いや圧迫のされ方、範囲などによっても治療法は異なってくるようです。

また、脊柱管狭窄症の診断は、他の病気同様のことをまずはしていきます。それをしてから治療のやり方などを話し合えば、今後の動き方も確実になりますので、まずは診断をしておきましょう。

まず、脊柱管狭窄症に限らず、病気になった場合はレントゲンなどを使うのが基本ですね。軽い病気などは使う必要はありませんが、体の内部に激痛がある場合は、目視で病状を見ることは難しいです。

そして、触ってもわかりにくいでしょう。だから、レントゲンなどを使い内部の画像を制作していきます。それから治療のことを説明していくでしょう。

脊柱管狭窄症の場合は、レントゲン、CT、MRIなどを使用します。これにより、内部の状態を理解することが出来るでしょう。ただ、これらの画像に慣れていない素人は、どこで何が起こっているかがわかりません。

ですから、実際にその画像を見てもわからないでしょう。そこで医師が居るのです。医師ならその画像を見続けているので、どこに変化が在るかをすぐに理解することが出来るでしょう。

そこから病状を理解して、治療方法を模作していきます。だから、その後の話をしっかりと聞いて対策をするようにしてください。ちなみに、医師でも気が付かない場合があります。

医師のレベルが低いか、専門外の可能性がありますので、心配な場合は他の医師のもとで診察を受けるようにすると良いでしょう。

あと、レントゲンは常備しているところが多いですが、CTやMRIとなると無いところがほとんどなので、これらの診察をしたい場合は、ある場所を探してください。

このように、脊柱管狭窄症の診断をすることが出来るでしょう。診断次第では、すぐに入院や手術を必要とする場合が在りますので、注意してください。そして、しっかりと医師の話を聞くようにしましょう。分からないことは絶対に聞くようにしてください。